HPtop   イネ科top   属の検索   ineka07 

ドジョウツナギの名つく属概要》;コメガヤ連    (ドジョウツナギ属      :完筒;護穎7脈)
                                  ;イチゴツナギ連(ハイドジョウツナギ属  :開筒;護穎7脈)
                                                 (チシマドジョウツナギ属:開筒;護穎5脈)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
チシマドジョウツナギ属Puccinellia』[3〜6小花+短苞]<06/09;追記2010/1>
(米倉2009は、タチドジョウツナギ属としている)
◆イチゴツナギ連の特徴(多小花2列;無芒;苞穎不同;開筒;護穎背丸) ◆チシマドジョウツナギ属の特徴(基盤無毛;苞穎3倍巾以長;護穎5脈)

A護穎3mm以上;花序枝に半球状の凸点多数あり
                        ◆B枝は直立〜斜上、各節に3〜6本、刺針あり極粗;花序は緑で、枝の基部から小穂がつく
(SO、本州北部以北、海岸生)                                                      【タチドジョウツナギ】
                        ◆B枝は斜上〜下垂、各節1〜2本、平滑;花序は紫渇帯び、枝の半部以上に小穂がつく
(O、道、東京博多は1時帰化、海岸生)                                             【チシマドジョウツナギ】
A護穎2〜2.5mm
<H帰>、護穎1.5mm<K>
                        ◇枝は斜上〜下垂、各節2〜5本、刺針あり粗;花序しばしば紫帯
(KH帰、宮城、東京、神奈川、ヤヤ湿地、沿海)                                   【アレチタチドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ハイドジョウツナギ属Torreyochloa』
[3〜9小花+短苞]<Y;06/09>
◆イチゴツナギ連の特徴(多小花2列;無芒;苞穎不同;開筒;護穎背丸)◆ハイドジョウツナギ属の特徴(基盤有毛;苞穎倍巾長程;護穎は両端の細脈含めヤヤ7脈)

(O、道、苗場山、上高地、白山) ◆葉巾1.5〜3mm;花序6〜10cm ;小穂4〜6mm;小花2〜2.5mm【ホソバドジョウツナギ】
(O、関東以北、栃木、池沼)    ◆葉巾4〜6mm  ;花序10〜20cm;小穂6〜9mm;小花3.5mm【ハイドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

参考検索1973『チシマドジョウツナギ属Puccinellia』
◆A護穎は5脈、小花の基に短毛がある『チシマドジョウツナギ属』
                    ◆B稈長30〜100cm、花序は緑色、各節3〜6枝を直生又は斜上、甚だ粗造、枝の基より着花【タチドジョウツナギ】
                    ◆B稈長15〜30cm、花序は紫渇色、各節1〜2枝、開出又は下垂し平滑;枝の半より着花【チシマドジョウツナギ】
−−−
参考検索1973『ハイドジョウツナギ属Torreyochloa』
◆A護穎は7脈、小花の基は無毛『ハイドジョウツナギ属』
                    ◆B葉巾1.5〜3mm;花序6〜10cm;小穂4〜6mm;護穎は2〜2.5mm【ホソバドジョウツナギ】
                    ◆B葉巾4〜6mm;花序10〜20cm;小穂6〜9mm;護穎は3.5mm【ハイドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索1964『チシマドジョウツナギ属Puccinellia』
(ハイドジョウツナギ属含む;Y)
◆A護穎は5脈、小花の基部に短い圧毛がある
   ◆B花序の枝は1節に3〜5個、基部にも小穂をつける;全体淡緑色【タチドジョウツナギ】
   ◆B花序の枝は1節に1〜2個、基部に小穂をつけない;花序は多少赤渇色を帯びる【チシマドジョウツナギ】
−−−
◆A護穎は両端の細脈含めヤヤ7脈、小花の基部は無毛
   ◆B小花の長さ3.5mm、小穂の長さは6〜8mm【ハイドジョウツナギ】
   ◆B小花の長さ2.5mm;小穂の長さは4〜5mm【ホソバドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  この頁top


ドジョウツナギ属Glyceria』[3〜17小花+短苞]<Y;06/09>(多小花;無芒;基盤無毛;第2苞穎1脈、護穎無芒;完筒)

A花序枝は多数で、散開する◇小穂ヤヤ扁平、4〜10mm、3〜7小花;内穎竜骨は翼状にならず[Hydropoa]
★低地低山
   ◆B葉舌は切形、1.2mm以下 ;小穂は淡緑、狭長楕円形;小花は卵形;護穎脈は明らかに隆起する
(KT)  ◆C節枝1〜3本、直斜上 ;葉巾3〜8mm 、薄質;小花2.2〜2.5mm;内穎竜骨と小軸は強く湾曲;ヤヤ束生
                                                                             【ドジョウツナギ】
      ◆C節枝3〜5本、斜上開出;葉巾5〜12mm、厚質;小花3〜4mm ;内穎は殆ど湾曲せず;葉鞘はアミダ脈
(全国、KTに記載無し)D這い単立する;果期に花序は下垂する;花粉は正常【ヒロハノドジョウツナギ】
(岡山、九、四)        ◆Dヤヤ叢生する;果期も花穂は斜上開出;葯は細く0.8mm、裂開せず中空、不定形で花粉少量
                                   【マンゴクドジョウツナギ(ドジョウツナギ × ヒロハノドジョウツナギ)】
★中部以北亜高山(SO)
   ◆B葉舌2〜3mm;葉巾4〜8mm、薄質、アミダ脈あり;小穂紫彩、楕円形;小花楕円形;護穎脈は明瞭だが余り隆起せず
      ◆C節枝2〜5本、極粗 ;極点頭し小穂は多数◇第1苞穎は護穎の3/1、第2苞穎は1/2以下;護穎3〜3.5mm
                                                                  【カラフトドジョウツナギ】
      ◆C節枝2本、ほぼ平滑;極点頭し小穂は疎着◇第1苞穎は護穎の1/2、第2苞穎は3/2長;護穎3.5〜4mm;葉は極薄質
                                                                  【ミヤマドジョウツナギ】
―――
A小穂は軸に沿い総状花序的◇小穂は円筒状、10〜50mm、8〜15小花;内穎竜骨は翼状に隆起する[Glyceria]
(SOKT)B稈は立つ        ;葉巾3〜6mm
                    ◇内穎は下部1/3が最広、護穎より長い◇小花7〜11mm、被針形【ムツオレグサ】
(KH帰)B稈細く水になびく;葉巾2〜4mm
                       ◆C内穎は中央部が最広 、上半部に翼◇小花3.6〜4.9mm、長楕円形【セイヨウウキガヤ】
(SOK)                  ◆C内穎は下部1/3が最広、全体に狭翼◇小花4〜5.5mm、広被針形  【ウキガヤ】
(OT)                   ◆C内穎は上方2/3が最広、上半が広翼◇小花2.5〜3.5mm、倒被針形【ヒメウキガヤ】
(K、別物G.leptorhizaか)C内穎は下部1/3が最広、全体に狭翼◇小花2.5〜3.5mm、広被針形【ヒメウキガヤ】

参考(H帰、1988仙台)     ◆C小穂10〜35mm、6〜17小花◇護穎(小花)5.5〜7.5mm、先端膜質で全縁【ヒロハウキガヤ】

(Kでは、神奈川県産のヒメウキガヤに対し次のような疑問を述べている
;
「今回本種としたのは、長田の、G.depauperata Ohwi(ヒメウキガヤ;Y)の記述に似るが内穎の形が異なっていた;G.depauperata Ohwi(ヒメウキガヤ;Y)の内穎竜骨上の翼は、上部2/3で特に広くなり、翼を加えた巾は2倍内外と成るが、県内で成育する個体はムツオレグサの様に竜骨上の翼は狭く全体に均一で、内穎の下部1/3部分で最広、又、内穎は護穎よりも突き出る傾向に有る」
;
「Tsvelev1984によると、内穎の翼の形で、属内の節が分類される為、本種はG.depauperata Ohwi(ヒメウキガヤ;Y)とは異なる可能性が有る、最も形態が近い種はG.leptorhizaであり、内穎の翼が均一で有る事や、護穎の長さなど一致する点は多い、しかし第1苞穎が2〜2.7mm、第2苞穎が2.7〜3.7mmと記述されており、本種の1.2と2mmと異なる」
;
「本種とウキガヤとは更なる検討要す」、などと記している)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――   この頁top
参考検索2003『ドジョウツナギ属Glyceria』
◆A小穂は8〜15小花、長さ15〜50mm◆B稈は立ち、葉巾3〜6mm、護穎7〜11mm【ムツオレグサ】
                               ◆B稈は水中になびき、葉巾2〜4mm、護穎2.5〜5.5mm◆C護穎は2.5〜3.5mm【ヒメウキガヤ】
                                                                            ◆C護穎は4〜5.5mm【ウキガヤ】
◆A小穂は3〜7小花、4〜10mm【ドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索2001『ドジョウツナギ属Glyceria』
◆A花序は狭く、小穂は中軸に沿う;小穂は長さ10〜40mm、8〜15の小花がある;葉舌は鋭尖形
   ◆B護穎は長さ7〜11mm【ムツオレグサ】
   ◆B護穎は長さ2.5〜5.5mm◆C内穎は下部1/3が最も巾広く、翼は全体に狭い◆D護穎は長さ2.5〜3.5mm【ヒメウキガヤ】
                                                                     ◆D護穎は長さ4〜5.5mm【ウキガヤ】
                          ◆C内穎は中央部が最も巾広く、上半部に翼がある;護穎は長さ5mm【セイヨウウキガヤ】
◆A花序は枝分れが多く、散開する;小穂は長さ1cm以下、3〜7個の小花がある;葉舌は切形【ドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索1973『ドジョウツナギ属Glyceria』(葉鞘完筒)
◆A小穂は円筒形、8〜15小花、長さ15〜50mm[Glyceria]
                ◆B上稈立ち、葉巾3〜6mm、護穎7〜11mm、鋭頭【ムツオレグサ】
                ◆B稈は細くて水中になびく;葉巾2〜4mm◆C護穎2.5〜3.5mm【ヒメウキガヤ】
                                  ◆C護穎4.5〜5mm【ウキガヤ】
◆A小穂はヤヤ扁平、3〜7小花、長さ4〜10mm[Hydropoa]
  ◆B葉舌は切形で低く1mm以下;小穂は淡緑色◆C稈細く、葉巾3〜8mm、護穎は2.2mm【ドジョウツナギ】
                       ◆C稈太く、葉厚く巾5〜12mm;護穎3〜4mm【ヒロハドジョウツナギ】
  ◆B葉舌は2〜3mm、葉は薄く巾4〜8mm、小穂に紫彩
      ◆C花序は著しく点頭、枝2〜5本づつ;苞穎第1は護穎の1/3、第2は1/2長【カラフトドジョウツナギ】
      ◆C花序は枝2づつ着く、第1苞穎は護穎の1/2、第2は2/3長【ミヤマドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  この頁top
参考検索1964『ドジョウツナギ属Glyceria』
◆A小穂は円柱形、長さ10〜30mm、8〜15個の小花がある◆B小花は大きい、長さ7〜11mm【ムツオレグサ】
                                                ◆B小花は小さい、長さ2.5〜5.5mm◆C小花は長さ4〜5.5mm【ウキガヤ】
                                                                              ◆C小花は長さ2.5〜3.5mm【ヒメウキガヤ】
◆A小穂は楕円又は狭長楕円形、長さ5〜10mm、3〜7個の小花がある
   ◆B小穂は狭長楕円形、小花は卵形、護穎の脈は明らかに隆起している
      ◆C小穂は淡緑色、小花は長さ2〜2.5mm、葉は薄く、巾は3〜6mm【ドジョウツナギ】
      ◆C小穂は多少淡灰渇色を帯び、小花は2.5〜3mm、葉は厚く、巾は5〜12mm【ヒロハノドジョウツナギ】
   ◆B小穂は楕円形、小花は楕円形、護穎の脈ははっきりしてるが余り隆起しない
      ◆C第1苞穎及び第2苞穎は長さ其々護穎の1/2および2/3、護穎は普通紫色を帯びる【ミヤマドジョウツナギ】
      ◆C第1苞穎及び第2苞穎は長さ其々護穎の1/3および1/2、護穎は淡緑色【カラフトドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索1982『ドジョウツナギ属Glyceria』
◆A小穂は8〜15個の小花があり、長さ10〜50mm、葉舌は長さが巾よりも長く、透明薄膜質である
   ◆B護穎は長さ7〜11mm、上方が細まる、鋭頭で、内穎より少し短い【ムツオレグサ】
   ◆B護穎は長さ2.5〜5.5mm、狭長楕円形で、鈍頭【ウキガヤ】
◆A小穂は3〜7個の小花からなり、長さ4〜10mm、葉舌は長さが巾よりも短く、膜質である
   ◆B護穎は長さ2.2mm位【ドジョウツナギ】
   ◆B護穎は長さ3〜4mm
      ◆C葉舌は長さ1mm位、葉鞘は乾くと細かい格子紋が出来る;円錐花序は殆ど先が垂れない【ヒロハノドジョウツナギ】
      ◆C葉舌は長さ2〜3mm位、葉鞘は格子紋が出来ない;円錐花序は著しく先が垂れる【ミヤマドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索1957『ドジョウツナギ属』
◆A小穂円柱状、8〜15小花、15〜50mm;内穎竜骨は翼状隆起す;小舌薄膜質で鋭頭、巾より長;花序枝は通常平滑無毛
   ◆B護穎7〜11mm、被針、鋭頭;葯1〜1.2mm【ムツオレグサ】
   ◆B護穎2.5〜5.5mm、狭長楕円;葯0.6mm【ヒメウキガヤ】
◆A小穂線形または広楕円、ヤヤ扁平、3〜7小花、4〜10mm;内穎竜骨は翼状にならない
   ◆B護穎2.2mm;内穎竜骨および小軸は強く湾曲;葯は0.5〜0.6mm【ドジョウツナギ】
   ◆B護穎は2.5〜4mm;内穎は殆ど湾曲しない
      ◆C葉舌1mm内外;植物体はヤヤ硬く太い;葉鞘は乾くと格子紋を現す;葯0.5〜0.6mm【ヒロハノドジョウツナギ】
      ◆C葉舌2〜3mm;植物体は軟らかいか痩長;小穂は時に紫帯
         ◆D第2苞穎個は長さが其々最下護穎の1/3および1/2に達しない;葯は0.5〜0.6mm【カラフトドジョウツナギ】
         ◆D第2苞穎個は最下護穎の1/2および2/3である;葯0.7〜1mm;葉は極薄質【ミヤマドジョウツナギ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 この頁top
コメガヤ属Melica』[2〜5小花+短苞]<Y;06/09>(小穂は下か横向く;無芒;有柄;基盤無毛;数小花;護穎多脈;完筒)

Aほぼ単一の総状花序;小穂広楕円形、6〜8mm、赤紫彩あり、2小花;高さ30〜50cm;葉舌は極低い;葉巾2〜5mm
                                                                                   【広義コメガヤ】
   ◆B小穂5〜7mm;第1苞穎は3.5〜5.5mm;第2苞穎は4.5〜6.5mm、楕円〜長楕円、円頭、普通濃赤紫色
(SOK、全国)               ;最下小花の護穎4.5〜6.5mm;葯0.8〜1.2mm;葉表に軟毛【コメガヤ*】

   ◆B小穂7〜9mm;第1苞穎は5〜7mm    ;第2苞穎は6〜8mm、長楕円〜長楕円被針、鈍頭、淡緑か基部付近淡赤紫色
(長野、他?)               ;最下小花の護穎4.5〜6.5mm;葯0.8〜1.2mm;葉表は無毛(時に有毛)【アオコメガヤs】
     
(Sではコメガヤの別名でアオコメガヤあり)(暖地の物は殆どアオコメガヤとの説在る、未確認)

A大形円錐花序 ◇小穂は狭被針形、7〜10mm、淡緑色、3〜4小花;高さ70〜130cm;葉舌は低3角;葉巾4〜10mm
(SOK、関東以西、外帯)                           ◆B護穎無毛;ヤヤ膨れた節十数個が根元に集る【ミチシバ*】
(S、熊本)                                      ◆B護穎脈間に少長毛【ウスゲミチシバv】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

参考検索2001『コメガヤ属Melica』
◆小穂は狭被針形;高さ1m;花序は大型の円錐花序で、良く分枝する【ミチシバ】
◆小穂は楕円形;高さ30cm;花序はほぼ単一の総状【コメガヤ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索1973『コメガヤ属Melica』
◆A匍枝あり;葉巾2〜5mm、葉舌極低短、花序狭小、枝は短い;小梗の先点頭
                         ;小穂は広楕円形6〜8mm、赤紫彩有り;2小花;春より初夏開花【コメガヤ】
◆A匍匐なし;下部葉は鞘部だけ;葉巾4〜10mm;葉舌は低3角、円錐花序は広く、枝は細長く、真直
                               ;小穂は狭被針形、淡緑色、7〜10mm;3〜4小花;花は盛夏〜秋咲
                                    ◆B護穎は無毛【ミチシバ】
                                    ◆B護穎は脈間に少し長毛あり【ウスゲミチシバ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考検索1964『コメガヤ属Melica』
◆稈は高さ70〜130cm、基部は旧鞘で包まれる;小穂は狭被針形【ミチシバ】
◆稈は高さ30〜50cm、基部の葉も葉身がある【コメガヤ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この頁top
   syokubutu kensaku